100万円

​土気NGO寄付募集プロジェクト

​地域課題を解決する

Satoyama Station Project

パブリックキッチン&ランニングステーション

あなたの寄付で地域と世界が変わる!

500万円で実現できる!

オープン予定2017年7月1日

Cooking & running

Satoyama Station

Kura

Renovate

culture 

Public Kitchen

For Local Peace

新興住宅地の新住民と周辺の里山に住む旧住民をつなげ、過疎化する地域を活性化させる拠点となる。

For Global Peace

スペインのバスク地方にTxokoというクラブ制のキッチンがあるが、フランコ独裁者政権の時代、人々はそこに集まり民族の文化を継承していった。守るべき平和を体感させることが最大の平和活動である。

health

running Station

土日運営

月一回のランニングイベント

足の講座

武道体験

レッスン

​詳細

(1)社会的課題
 バブルの遺産と呼ばれるチバリーヒルズがある千葉県千葉市緑区の「土気(とけ)」地区は80年代初頭から駅の南側の宅地開発によって人口が急増した。

 その一方でこの地域には以下のような課題が顕著となっている(千葉大学調査から)。
 ①周辺の里山の民家に高齢者の一人暮らしが目立ち、空き家が増えている。
 ②田舎と自然を求めて引っ越して来た新興住宅地の住民だが享受できていない。
 ③既存の公民館は飲食禁止で、住民が気軽に人と出会う場がない。

 ④

 そこで、周辺にある空き蔵を活用してパブリックキッチンとランニングステーション機能を兼ね備えたSatoyama Stationを作る。そこを地域課題をポジティブに解決していく拠点として機能させていくために建築専門家の指導の下、ワークショップ形式で地域住民と共に作っていく。

(2)目的 
 この間千葉大学の建築系ゼミと共に古民家利活用のワークショップなどをすでに開催しているが、その一つの取り組みとして再利用に関するアンケート調査をしたところ、284世帯中54世帯からの回答があった。その中にある「参加したいイベント」という質問では古民家カフェ、古民家レストラン、料理教室など食関係の要望が上位3を占めた。

 ①そんな地域の要望を行動に変えていくために、平均10名以上の地域住民がワークショップに参加してもらえるように宣伝する。

 ②パブリックキッチンができることによって、多世代の利用者が訪れることになる。その利用者同士を結んでいくための仕掛けとして、食と健康を通じた企画を毎月1回行い、より個人同士のつながりを広げていく。

 ③この拠点を定期的に利用するグループまたはサークルを10以上(各5名以上)作る。

 ④現在、周辺の里山を散歩コースとして利用している新住民も増えてきている。休憩できる場ができることで散歩プラスの目的ができ、より里山に足を運ぶようになる。里山には畑仕事をしている一人暮らしの高齢者

  も多く、散歩をする人を増やし、話し相手兼里山独居老人パトロール要員を今の3倍増やす。

 ⑤助成事業完了後に引き続き運営していけるように今年度は以下を目標数字としてあげる。
  料理教室参加は: 50名/月
  ワンデーカフェ利用客: 100名/月
  パーティー利用者: 100名/月
  ランニングステーション: 50名/月
  合計利用者数目標: 300名/月、3,600名/年
※地元住民は全体の70%以上を目標とする。

(3)成果イメージ

 1. パブリックキッチンとランニングステーション整備

 ①面積:28.9835m2

 ②住所:千葉市緑区小山町149

 ③設備:キッチン、カウンターテーブル、椅子、調理器具、食器棚、照明、ソファ等、くつろぎスペース

 ④開設:2017年7月1日予定

 

 2. 施設運営

   内容:

   ①レンタルキッチン(レンタル交流会場)

   ②地域食文化発信教室

   ③ウォーキング・ランニング利用者休憩所

 

 3. 営業時間(予定)

   ①パブリックキッチン: 365日(45日前まで完全予約制)

    パブリックキッチン利用料:大人1名4時間500円(6名以上から)、小学生以下300円、幼稚園児以下0円

   ②ワンデーカフェ利用:11:00~16:00

    売り上げの15%~20%

   ③ランニングステーション: a. 土日:6:00~10:00、b. 土日:15:00~18:00

    利用料金: a. 休憩のみは無料、b. ドリンク300円~500円

 

 3. スタッフ:土日非常勤:1名

 4. その他ボランティアなど:清掃2~3名、イベント6~8 名

 

 5. 成果の測定

 ①毎月目標利用者数を達成しているかを確認する。

料理教室: 50名/月

カフェ: 100名/月

パーティー利用: 100名/月


(4)団体実績
 千葉市緑区の土気地域で活動してきた土気NGOは任意団体時代を含めると10年以上の経験を持つ団体である。この10年で地域の信頼を得てきたおかげで、空き家となった古民家の利活用を頼まれ、現在同組織のオフィスとして利用している。その古民家の隣に使われていない状態の良い蔵があり、今回はその蔵をリノベートして地域課題解決のための拠点を作る。

(5)寄付リターン

​このリターンの業務で本来の活動ができなくなることは

3,000円以上 開会式パーティーご招待 ・ ワンドリンク

5,000円以上 開会式パーティーご招待 ・ ワンドリンクチケット ・ 

10,000円以上 開会式パーティーご招待 ・ ワンドリンクチケット ・ 土気NGO関係イベント500円off・パブリックキッチン利用券1枚

30,000円以上 開会式パーティーご招待 ・ ワンドリンクチケット ・ 土気NGO関係イベント500円off・パブリックキッチン利用券1枚 ・ ランニング講座参加無料

50,000円以上 開会式パーティーご招待 ・ ワンドリンクチケット ・ 土気NGO関係イベント500円off・パブリックキッチン利用券1枚 ・ ランニング講座参加無料 ・ 全館貸し切り利用 ・

100,000以上 以上を5年間 古民家フランス料理会にご招待1名

1,000,000以上 以上をネームプレートをキッチンにつけさせてもらいます。 

 

上限を超えた場合は次のゲストハウスプロジェクトに利用されます。

内訳

 工事費 約350万円

 イベント運営(謝金など) 約50万円

 維持管理費(管理者) 約100万円 

スケジュールを作る

6月1日着工

7月1日開始っ予定​

サブタイトルを入力してください

January 03, 2023

リターン

1. オープニングセレモニー2名様招待


2. 5,000円につき4時間貸し切り券× 2

3. ワンデーシェフ

利用料売り上げの20%のところを15%に免除


 

寄付30,000円

サブタイトルを入力してください

February 23, 2023

リターン

1. オープニングセレモニー2名様招待


2. 5,000円につき4時間貸し切り券× 2

3. ワンデーシェフ

利用料売り上げの20%のところを15%に免除

寄付50,000円/yen

サブタイトルを入力してください

May 28, 2023

ここをクリックし、「リストを管理」を選択して新しい記事の追加や編集を行ってください。リストの記事はいつでも編集できます。 

Please reload

© 2013 by 土気NGO. Proudly created with Wix.com

  • c-facebook
  • Twitter App Icon